新型コロナ 医療崩壊、強く懸念 県医師会長、予防策徹底求める /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、県医師会の紀平幸一会長は5日、県庁で記者会見を開き、感染者数の増加による医療崩壊を強く懸念した。県民に対して「感染しないことが一番大事」と感染予防策の徹底に協力を呼びかけた。

 紀平会長は「医師会として発熱外来を増やして対応しているが、8月に入っても改善が見られず、厳しい状況が続いている。感染患者が多くなるにつれ、入院可能な病床の逼迫(ひっぱく)が起きている…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集