特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球 甲子園 有田工初戦突破へ支援金 有田町、伊万里市など計700万円 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
有田工で松尾・有田町長(前列右)から甲子園出場を祝う二つの目録を受け取った山崎校長(同左)。後列左端が梅崎監督
有田工で松尾・有田町長(前列右)から甲子園出場を祝う二つの目録を受け取った山崎校長(同左)。後列左端が梅崎監督

 有田町は5日、地元から第104回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕、阪神甲子園球場)に出場する有田工へ500万円を交付した。伊万里市と採石事業を共同管理する一部事務組合「有田磁石場組合」も5日、100万円を寄付した。春のセンバツで果たせなかった「まず1勝」の願いを込めた支援金に、有田工は活躍を約束した。

 組合管理者を兼ねる松尾佳昭町長が5日、有田工を訪れて山崎哲也校長(53)に町と組合の目録を手渡し「ぜひ1勝してください」と激励した。新型コロナウイルスに選手が感染して6日の開会式を欠席するチームについて、同席した梅崎信司監督(42)が「陽性者も全員ではないがほぼ戻って来た」と全体練習を再開できる状況と説明。「開会式に出られない分、試合に勝って、長く甲子園にいたい」と応えた。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1048文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集