原爆投下77年 核との闘い正念場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 広島、長崎に原爆が投下されて77年たった今年は、ロシアのウクライナ侵攻に端を発した核兵器の脅威がこれまでになく高まっている。国内では、国際情勢の危機に乗じる形で、「核共有」や防衛費倍増論などの主張が浮上し、日本の安全保障論議にも少なからぬ影響を及ぼす。一方、核兵器禁止条約の第1回締約国会議など核廃絶・核軍縮に向けた重要な国際会議が相次いで開かれ、「核なき世界」を実現できるかどうかが課題だ。

この記事は有料記事です。

残り2283文字(全文2480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集