特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

堀江敏幸・評 『漱石山房の人々』=林原耕三・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『漱石山房の人々』
『漱石山房の人々』

 (講談社文芸文庫・2420円)

晩年の門弟が描く師父への慈愛

 夏目漱石は、明治四十年九月末、東京市本郷区駒込西片町(現文京区西片町)から牛込区(現新宿区)早稲田南町に転居した。東京帝大の職を辞し、専属作家として朝日新聞に入社したのがその半年前、すでに『虞美人草(ぐびじんそう)』を書き上げていた頃である。

 周囲をベランダに囲まれた和洋折衷の新居は漱石山房と呼ばれ、毎週木曜日に弟子たちが集まった。厳しい創作のなか、神経衰弱と胃病で時おり「頭を悪くした」こと、つまり癇癪(かんしゃく)を起こして周囲に当たることもあったが、そうでないときは思いやり深く、面倒見もよかった。若者たちは師を慕い、敬い、ずうずうしく甘え、かつ利用した。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1391文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集