特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『甲子園と令和の怪物』=柳川悠二・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『甲子園と令和の怪物』
『甲子園と令和の怪物』

 (小学館新書・946円)

 プロ野球で今年4月、佐々木朗希投手が完全試合を達成した。そこで再注目されたのが3年前の夏、甲子園出場がかかった岩手県大会の決勝だ。大船渡高校の絶対的エースだった佐々木投手を「故障から守るため」、監督は出場させなかった。チームは敗退し監督は批判される。

 「春夏の甲子園取材をライフワークとする」著者は批判する一人で、2019年に『投げない怪物 佐々木…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集