特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 初日に対戦 京都国際・一関学院 コロナで涙、乗り越え聖地

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 全国高校野球選手権大会が6日開幕する。「最後の夏」に懸ける3年生たちは、入学当初から新型コロナウイルス禍に翻弄(ほんろう)され、思うように練習や試合ができなかった。初日の第3試合で対戦する京都国際(京都)と一関学院(岩手)は、新型コロナによって一度は甲子園に立つ夢を奪われた。特に強い思いを抱いて聖地に臨む。

 今春の第94回選抜高校野球大会出場が決定していた京都国際。昨夏の甲子園は初出場で4強の快挙を成し遂げ、「春こそは日本一」とチームが一丸になっていた。だが開幕直前に複数の部員に新型コロナ感染が確認され、出場辞退を余儀なくされた。練習を再開したのは4月1日。だが辻井心(じん)主将(3年)はすぐにチームの異変に気付く。ミスをしても誰も指摘しない。センバツ辞退を引きずり、仲間への無関心がはびこっていたの…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文729文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集