足で描いた九州一の大河 澤宮優・著『暴れ川と生きる』

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『暴れ川と生きる』書影
『暴れ川と生きる』書影

 <土曜カルチャー>

 ノンフィクション作家、澤宮優(58)が『暴れ川と生きる 筑後川流域の生活史』(忘羊社)を出版した。大分、熊本、福岡、佐賀の4県にまたがり、筑後平野から有明海に注ぐ九州一の大河・筑後川を題材に据える。上流域、中流域、下流域の土地に何度も足を運び、住民の話に耳を傾け、豪雨の歴史や川がもたらす文化、人々の暮らしについて書き下ろした。10年以上にわたる取材の成果が盛り込まれている。

 2009年、九州出身の編集者との酒席でのこと。九州を横断する大河でありながら、筑後川全体をふかんした本格的な本がない、あなたが書くべきだと勧められた。翌日、早速取材に取りかかったあたりがフットワークの軽いこの人らしい。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1430文字)

あわせて読みたい

ニュース特集