カブールで爆発、2人死亡 シーア派狙ったテロ攻撃か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
市内を警戒するタリバンの戦闘員たち=カブールで2022年8月2日、ロイターara/File Photo
市内を警戒するタリバンの戦闘員たち=カブールで2022年8月2日、ロイターara/File Photo

 アフガニスタンの首都カブールで5日、爆発があり、ロイター通信は地元警察の話として、少なくとも2人が死亡し、3人が負傷したと伝えた。犯行声明は出ていないが、現場はイスラム教少数派シーア派の住民が多く住む地区で、シーア派を狙ったテロ攻撃とみられる。

 アフガンでは昨年8月にイスラム主義組織タリバンが実権…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

あわせて読みたい

ニュース特集