ペロシ米下院議長の板門店訪問で北朝鮮が批判 「禍根の代価を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の国旗=ゲッティ 拡大
北朝鮮の国旗=ゲッティ

 北朝鮮のチョ・ヨンサム外務省報道局長は6日、談話を発表し、台湾を訪問したペロシ米下院議長(民主党)が南北の軍事境界線がある板門店も訪れたことに関し、「米国はペロシが行く先々にもたらした禍根の代価を払わなければならない」と批判した。国営の朝鮮中央通信が報じた。

 チョ氏はペロシ氏の板門店訪問を「朝鮮半島・地域の情勢を一層激化させ、無分別な軍備増強を合理化しようとする陰険なたくらみが含まれている」と非難。「国際平和と安全の最大破壊者であるペロシが、朝鮮半島で無事でいられると考えたなら、それは誤算だ」と述べた。チョ氏はペロシ氏が4月にはウクライナを訪問しロシアとの対決の雰囲気を高めたとも批判しており、中露側に立つ姿勢を鮮明にした。

 北朝鮮は3日にも、外務省の報道官が「米国の破廉恥な内政干渉と意図的な政治・軍事的挑発こそ地域の平和と安全を害している」とペロシ氏の訪台を批判していた。【ソウル渋江千春】

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集