特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

プーチン氏、穀物輸出仲介のトルコに謝意 抱き込みか(8月6日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
握手を交わすロシアのプーチン大統領(右)とトルコのエルドアン大統領=ロシア南部ソチで2022年8月5日、スプートニク通信提供・ロイター 拡大
握手を交わすロシアのプーチン大統領(右)とトルコのエルドアン大統領=ロシア南部ソチで2022年8月5日、スプートニク通信提供・ロイター

 ロシアのプーチン大統領はトルコのエルドアン大統領と会談し、ウクライナからの穀物輸出問題で仲介役を務めたトルコに感謝を表明するとともに、貿易拡大などでも合意した。一方、ロシア軍が支配するウクライナ南部の原発への砲撃があり、ロシアとウクライナ双方が、相手による攻撃と主張している。ウクライナ情勢を巡る日本時間6日の動きなどをまとめた。【デジタル報道センター】

プーチン氏、「友好国」トルコの大統領と会談

 ロシアのプーチン大統領は5日、ロシア南部ソチでトルコのエルドアン大統領と会談し、ウクライナからの穀物輸出問題で仲介役を務めたトルコに感謝を表明した。トルコとの貿易拡大などでも合意。ウクライナ侵攻を受けた西側諸国の経済制裁に加わらない「友好国」の一つであるトルコの取り込みを図った形だ。【関連記事】プーチン氏、トルコと貿易拡大で合意 「友好国」取り込み図る

ウクライナの原発に砲撃

ロシア軍が制圧したウクライナ南東部のザポロジエ原発=2022年3月4日=AP 拡大
ロシア軍が制圧したウクライナ南東部のザポロジエ原発=2022年3月4日=AP

 ロイター通信などは5日、ロシア軍が支配するウクライナ南部のザポロジエ原発に対する砲撃があり、施設の高圧線が損傷したと報じた。ロシアとウクライナ双方が相手による攻撃と主張している。ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムによると、放射線量の上昇は観測されていない。【関連記事】ウクライナ南部原発に砲撃、双方が相手の攻撃と非難

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集