中上健次の短編「修験」の自筆原稿を発見 珍しく原稿用紙を使用

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たに見つかった中上健次の短編「修験」の自筆原稿=和歌山県新宮市で2022年8月6日午前10時54分、松田学撮影
新たに見つかった中上健次の短編「修験」の自筆原稿=和歌山県新宮市で2022年8月6日午前10時54分、松田学撮影

 8月12日に没後30年を迎える和歌山県新宮市出身の作家、中上健次(1946~92年)の短編「修験」の自筆原稿が見つかった。中上の遺族や、中上が設立した市民講座「熊野大学」の運営メンバーらでつくる顕彰委員会が6日、発表した。マス目のない集計紙を好んだ中上には珍しく、原稿用紙を使っている。

 妻子と別居した男が故郷の熊野に戻り、山中をさまよう中で幻覚を見る幻想的な作品。74年に400字詰め原稿用紙20枚に書かれた。「中上健次を読む」などの著作がある文芸評論家、川西政明さん(故人)が欠損なく保管していた。6月、遺族から寄贈の申し出があっ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集