特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

Gフレア、サウスポー… 樹徳の応援がSNSで話題 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
樹徳(群馬)のアルプススタンドで応援する野球部員ら=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月6日午後2時39分、横見知佳撮影 拡大
樹徳(群馬)のアルプススタンドで応援する野球部員ら=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月6日午後2時39分、横見知佳撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で6日開幕した夏の甲子園。第2試合に登場した樹徳(群馬)のアルプススタンドでは、新型コロナウイルスの感染防止策で大声を出せない中、応援団がさまざまなチャンステーマによる熱いエールを送った。吹奏楽部は「ジョックロック」や「Gフレア」など、智弁和歌山や金足農(秋田)の応援で有名になった曲を次々に披露。ツイッターでは曲名がトレンド入りするなど話題となった。

 吹奏楽部の3年、富井彩水さん(17)は「樹徳にとっての『魔曲』はサウスポー。演奏するといつも点が入る。甲子園で演奏できるのが夢みたいでうれしい」。連続で演奏した五回の攻撃では亀井の三塁打などで3得点し同点に追いついた。

「ジョックロック」や「サウスポー」などを披露した樹徳(群馬)の吹奏楽部=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月6日午後2時33分、横見知佳撮影 拡大
「ジョックロック」や「サウスポー」などを披露した樹徳(群馬)の吹奏楽部=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月6日午後2時33分、横見知佳撮影

 控えの野球部員らも演奏に合わせて躍動。動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)で流行した、手を上下に動かすダンスなどの振り付けを独自に組み合わせた。アルプスを盛り上げた2年の小此木渚音さん(17)は「選手や応援してくれる人たちが一丸となってつかんだ甲子園。ベンチに入れなかった分、選手に応援の気持ちを届けたい」と話していた。【横見知佳】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集