特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 開会式 二松学舎大付と日大三の両主将、堂々と行進 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開会式で行進する二松学舎大付の小林幸男主将=阪神甲子園球場で2022年8月6日(代表撮影)
開会式で行進する二松学舎大付の小林幸男主将=阪神甲子園球場で2022年8月6日(代表撮影)

二松学舎大付「寂しかったがわくわく」/日大三「プレーを想像しながら」

 第104回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。新型コロナウイルスの感染防止対策で主将のみが参加することになった開会式では、東東京代表の二松学舎大付の小林幸男(3年)、西東京代表の日大三の寒川忠(あつし)(同)の両主将が地方大会の優勝旗を持って入場行進した。

 開会式は雨で30分遅れで始まり、南から北の順番で入場。二松学舎大付は36番目、日大三は35番目にグラウンドに姿を見せ、スタンドで観客が見守る中でチームを代表して堂々と行進した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文527文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集