中国、軍事的圧力の「常態化」模索か 台湾周辺での軍事演習終了

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=ゲッティ
=ゲッティ

 中国軍が台湾の周囲6カ所の海空域で実施していた「重要軍事演習」が7日正午(日本時間同日午後1時)、終了予定時刻を迎えた。台湾方面を管轄する東部戦区は同日午後、台湾周辺の海空域で、実戦化に向けた統合演習を引き続き実施し、地上への総合火力攻撃や遠距離空中攻撃の訓練を重点的に行ったと発表した。4日間にわたる演習はこれで終了した模様だが、中国側がこの軍事的圧力を強めた状況を「常態化」させるのではないかという懸念も広がっている。

 今回の演習では中国軍が台湾を包囲する形で展開し、弾道ミサイル発射訓練や長距離実弾射撃訓練などが実施されたほか、多数の軍用機や艦艇などが何度も台湾海峡の中間線を越えるなどして台湾への軍事的圧力を強めた。米国に対しても米中国防当局間の協議の中止など8項目の対抗措置を通告しており、米中間でも緊張が高まっている。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文640文字)

あわせて読みたい

ニュース特集