空爆のガザ、死者31人に イスラエル「過激派が誤射」主張

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 パレスチナ自治区ガザで立ち上る煙=6日(ゲッティ=共同)
 パレスチナ自治区ガザで立ち上る煙=6日(ゲッティ=共同)

 パレスチナ自治区ガザの保健当局は7日、イスラエル軍の5日からのガザ空爆による死者が、子ども6人を含む計31人に上り、計275人が負傷したと発表した。イスラエル軍は、標的とする過激派「イスラム聖戦」がイスラエルに向けて発射したロケット弾が誤ってガザで着弾し、子どもを含む死者が出たと主張した。

 ガザでは6日、難民キャンプで爆発があり…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文268文字)

あわせて読みたい

ニュース特集