特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

「琉球トルネード」夏の甲子園に再上陸 興南コーチ・島袋洋奨さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
夏の甲子園で優勝を決め、喜ぶ興南時代の島袋洋奨さん(左)=阪神甲子園球場で2010年8月21日、大西岳彦撮影
夏の甲子園で優勝を決め、喜ぶ興南時代の島袋洋奨さん(左)=阪神甲子園球場で2010年8月21日、大西岳彦撮影

 夏の甲子園に「琉球トルネード」が帰ってくる。2010年に興南(沖縄)が甲子園春夏連覇を達成した時の左腕エース、島袋洋奨さん(29)。プロ野球を引退して現在は母校のコーチを務めており、第104回全国高校野球選手権大会に出場する教え子らと「旋風」を起こそうと張り切っている。

 興南が甲子園に向けて出発する前の7月28日、島袋さんに話を聞いた。新型コロナウイルスの感染リスクを避けて電話での取材だったが、大舞台への意気込みはひしひしと感じられた。

 2019年秋にプロ野球のソフトバンクを退団。20年春に同校の事務職員になり、21年2月、野球部副部長に就いた。現在は恩師の我喜屋(がきや)優監督(72)の下、バッテリーコーチとして主に投手を指導している。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1298文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集