特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

大切な人に届け 鶴岡東・土屋が架けた2本のアーチ 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鶴岡東-盈進】二回表鶴岡東1死三塁、土屋が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影
【鶴岡東-盈進】二回表鶴岡東1死三塁、土屋が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第2日の7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦があり、鶴岡東(山形)が48年ぶり3回目出場の盈進(えいしん)=広島=を12―7で制し、3年ぶりの2回戦進出を決めた。壮絶な打撃戦の主役は2本塁打を放った鶴岡東の2番・土屋奏人(かなと)捕手(3年)。大切な人への感謝の思いの詰まったメモリアルアーチだった。

 甲子園と思いが通じ合ったかのように、振り抜いた打球を名物の浜風が運んだ。激しい点の取り合いとなった一戦で、今大会第1、2号の本塁打を放ち、勝利を引き寄せた。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文867文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集