特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

「練習は終わり」盈進ナインの肩の力を抜いた監督の一言 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鶴岡東-盈進】鶴岡東に敗れ選手と整列する盈進の佐藤康彦監督(左)=阪神甲子園球場で2022年8月7日、中川祐一撮影
【鶴岡東-盈進】鶴岡東に敗れ選手と整列する盈進の佐藤康彦監督(左)=阪神甲子園球場で2022年8月7日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第2日の7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦があり、48年ぶり出場の盈進(えいしん)=広島=が鶴岡東(山形)に7―12で敗れた。

 48年ぶり出場の盈進は失策などのミスが相次ぎ、序盤から出はなをくじかれた。だが、五回終了後のグラウンド整備中、社会人の都市対抗で優勝経験がある佐藤康彦監督が選手たちに優しく問いかけた。「どうだ、甲子園は。普通にやらせてもらえないだろ」。苦笑いして肩の力が抜けた選手たちに続けた。「練習は終わり。六回から試合開始だ」

 選手たちは落ち着きを取り戻した。六回に好機を作って敵失で1点を奪い、この試合で最小の3点差まで迫った。五回まで5失策だったが、六回以降はゼロになった。4安打の中島知寛が「ベンチでも『この2回でやってやるぞ』という雰囲気だった」という八回にも2点を返した。7―12で敗れたものの、相手を上回る13安打を放ち、佐藤監督も「粘り強い試合ができた」とねぎらった。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1150文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集