特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

近江ブルーの爽快な逆転劇 ボール球見極めて好左腕攻略 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鳴門-近江】五回裏近江2死一、二塁、横田が逆転の2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影
【鳴門-近江】五回裏近江2死一、二塁、横田が逆転の2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第2日の7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦があり、今春のセンバツで準優勝した近江(滋賀)が鳴門(徳島)を8―2で破り、4強入りした前回大会に続いて2回戦進出を決めた。

 近江のアルプス席から定番のチャンステーマ「ファイアボール」が鳴り響く中、ついに火の出るような会心の打球が生まれた。

 1点を追う五回2死一、二塁。右打席に入った5番・横田悟は、鳴門の好左腕、冨田遼弥の失投を逃さなかった。フルカウントからの7球目、高めに浮いた変化球を引きつけ、コンパクトなスイングで振り抜いた。打球は右翼手の頭上を越え、2者を還す逆転の適時三塁打に。「あまり深く考えずに来た球を打とうと思っていた」と気力は充実していた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文767文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集