メルカリ、最終赤字75億円 不正補塡32億円響く 売上高は過去最高

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
メルカリのロゴマーク
メルカリのロゴマーク

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリが8日発表した2022年6月期連結決算は、最終(当期)損益が75億円の赤字に転落した。前期は57億円の黒字で、赤字は2年ぶり。不正に入手したクレジットカード情報を使って商品を購入する事例が増えたことに伴い、アプリ利用者の金銭的被害の補塡(ほてん)として計32億円を充てたことが響いた。

 ただ不正防止のシステム導入などにより、23年6月期の下期には影響は正常化するとの見通しを示した。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文424文字)

あわせて読みたい

ニュース特集