過去最大赤字「全ては指揮官の責任」 ソフトバンクG孫正義氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2022年8月8日、山口敦雄撮影
記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2022年8月8日、山口敦雄撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2022年4~6月期連結決算は、純損益が3兆1627億円の赤字となり、7615億円の黒字だった前年同期から大幅に悪化した。証券大手の集計によると、赤字額は四半期決算として国内企業で過去最大となった。

 孫正義会長兼社長の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 ◆(前の四半期と)合わせて5兆円の赤字を出した。しっかり反省したい。要因は世界的な株安と急速な円安だった。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文580文字)

あわせて読みたい

ニュース特集