働き方、自分で選ぶ 「自己決定権持ってる」が幸福なワケ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
どうする?
どうする?

 ジョブ型になると何か変わるのか。SNSマーケティング支援会社「テテマーチ」のブランドプロデューサーとして働く石渡将利さん(27)は「職務の範囲が明確になった」という。メリットとデメリットを深掘りしたい。【大野友嘉子】

 連載「ある日ジョブ型を提案されたら?」は、全3回です。
 ラインアップは次の通りです。
 前編 伝統的な日本型と対極の人事制度
 中編 働き方、自分で選ぶ
 後編 ハイスペックな人向け?

職務に集中、待遇向上

 「大学での研究と今の仕事がダイレクトに関連しているとは言えませんね」と石渡さん。大学の専攻は哲学。テテマーチでは、顧客企業が抱えるブランディング分野の課題解決を支援している。ジョブ型で働くために必要な知識やスキルは、働きながら習得しなければいけないという。

 「会社が契約している、マーケティングを学ぶ講座を受講しています。それに加えて、プロモーションや広告に関する講座も自費で受けています」

 求められるスキルや知識を学び直すことは「リカレント教育」と呼ばれる。ジョブ型をスムーズに導入するためには、社員側がスキルを磨くだけでなく、会社側もリカレント教育の環境を整える必要があるといわれている。

 働き手にとってのジョブ(役割・職務)型のメリットは、職務に集中して、専門性を高められることだ。専門性の高い職務は待遇がよくなる可能性もある。企業にとっても、職務範囲を明確化することで専門的な人材を育成しやすくなる。

 一方、働き手のデメリットとして、職務範囲外の仕事を担当しないため、柔軟なチームワークが社内に育ちにくいという点が指摘される。将来、仕事が人工知能(AI)に代替され、就いている職務自体がなくなるリスクもある。

同じ働き方選ぶ社員…

この記事は有料記事です。

残り1882文字(全文2599文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集