特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

親子でも、血のつながりなくても 語り継ぐ被爆体験 長崎原爆77年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
家族証言者の谷口須賀子さん(左)と母山本ハルさん=長崎市の長崎原爆資料館で2022年7月24日午前11時56分、高橋広之撮影
家族証言者の谷口須賀子さん(左)と母山本ハルさん=長崎市の長崎原爆資料館で2022年7月24日午前11時56分、高橋広之撮影

 原爆投下から77年を迎え、長崎の被爆体験を語り継ぐ「証言者」の担い手が、被爆者本人から子供や血縁関係のない戦争を知らない世代に移ってきている。被爆者の平均年齢は84・53歳(3月末)で、本人が実体験を語れるタイムリミットが迫る。記憶を受け継ぐ人たちは「自分のものではない体験をどう語り継ぐか」と模索している。

 「目の奥まで貫く真っ青な閃光(せんこう)は、忘れることはできない」「(爆心地の北約500メートルの)大橋の所まで来ると4、5人が倒れ、誰かが足を力なくつかんできた」。7月24日、長崎市の長崎原爆資料館で、山本ハルさん(92)の体験に来館者が聴き入った。語ったのは本人ではなく次女の谷口須賀子さん(63)。市が育成する「家族証言者」だ。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1369文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集