特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

猛暑の甲子園 第1試合で2選手が足をつる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【海星-日本文理】六回途中で足がつり、水分補給をする日本文理の右翼手・玉木(右)=阪神甲子園球場で2022年8月8日、吉田航太撮影
【海星-日本文理】六回途中で足がつり、水分補給をする日本文理の右翼手・玉木(右)=阪神甲子園球場で2022年8月8日、吉田航太撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催されている第104回全国高校野球選手権大会は第3日の8日、第1試合の海星(長崎)―日本文理(新潟)で、2選手が足をつったとみられ、治療を受けた。

 日本文理の玉木聖大右翼手(3年)は、海星の六回の攻撃で安打を処理した際に足をつったとみられ、グラウンドに座り込んだ。…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集