特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

夏の甲子園で足がつる選手相次ぐ 1回戦で熱中症が多発する理由

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【創志学園-八戸学院光星】七回の途中で足がつり、担架で運ばれる八戸学院光星の右翼手・深野=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影
【創志学園-八戸学院光星】七回の途中で足がつり、担架で運ばれる八戸学院光星の右翼手・深野=阪神甲子園球場で2022年8月7日、吉田航太撮影

 第104回全国高校野球選手権大会で、試合中に選手の足がつり、手当てを受けるケースが相次いでいる。猛暑が影響しているとみられるが、気温が上昇する昼以降だけではなく、朝に始まる第1試合でも目立つ。

 8日の第1試合で、海星(長崎)の丸本将吾遊撃手は六回の守備が終わり、ベンチに引き揚げる際に足がつり、選手らに抱えられながら戻った。丸本は「帰ろうとした時に固まった感じだった」と振り返った。

 日本文理(新潟)の玉木聖大右翼手も守備で安打を処理した際に足がつり、担架で運ばれた。玉木は「太陽が出ている中で汗をかいて湿度も高く、新潟の夏とは違った」と話した。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文765文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集