馬頭琴の音色、箱根に響く ワークショップ、8月の日曜開催 ガラスの森美術館 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
馬頭琴奏者のセーンジャーさん=箱根ガラスの森美術館提供
馬頭琴奏者のセーンジャーさん=箱根ガラスの森美術館提供

 箱根ガラスの森美術館(箱根町仙石原)の庭園特設会場で、ワークショップ「響き合う東西の文化~馬頭琴の音色とともに」が開かれている。開催は8月の毎週日曜。モンゴルの伝統的な弦楽器「馬頭琴」の奏者、セーンジャーさん(46)と学芸員のトークや馬頭琴の演奏を通して展示への理解を深めてもらうのが狙い。

 セーンジャーさんは中国・内モンゴル自治区出身で、父が趣味にしていた馬頭琴を12歳か…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集