特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 1回戦 盈進、反撃最後まで 48年ぶり初戦突破ならず /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鶴岡東-盈進】試合に敗れ肩を落とす盈進の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月7日、前田梨里子撮影
鶴岡東-盈進】試合に敗れ肩を落とす盈進の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2022年8月7日、前田梨里子撮影

 阪神甲子園球場で開かれている第104回全国高校野球選手権大会は第2日の7日、48年ぶり3回目出場の広島代表・盈進が鶴岡東(山形)と打撃戦を展開した末、7―12で敗れた。前回出場した第56回大会に続く初戦突破はならなかったが、大量失点にも諦めずに反撃した選手たちには、三塁側アルプス席から大きな拍手が送られた。【来住哲司、林大樹】

 48年ぶりに踏んだ聖地で、甲子園の魔物にのまれた。盈進は一回の守りで、先発右腕・向井が内野安打や野選などで1死満塁とされ、左犠飛と連続適時二塁打を許すなど4失点。二回も味方の失策などで1死三塁から左越え2ランを浴びた。2回6失点に向井は「調子は悪くなかった。相手の打撃が良かった」と脱帽したが、母征奈さん(45)は「緊張していたのですかね」と思いやった。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1087文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集