サッカー J1 清水2-0FC東京 低迷清水、希望の光 外国人2人が先制、追加点 降格圏脱出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【FC東京-清水】後半、チーム2点目のゴールが決まり、喜ぶ清水の選手(下)とサポーター
【FC東京-清水】後半、チーム2点目のゴールが決まり、喜ぶ清水の選手(下)とサポーター

 (第24節・7日)

完勝で15位浮上

 低迷する清水に希望の光が差してきた。敵地でFC東京相手に完勝し、7試合ぶりに自動降格圏を脱出して15位に浮上。「バランスと集中を保って試合運びができた。今日の勝利が自信につながる」。リカルド監督の言葉にも充実感が漂う。

 球際の激しさが得点につながった。後半13分、一度は相手に奪われそうになりながらも右サイドを突破したDF原輝綺がクロスを上げ、FWカルリーニョスジュニオが頭でたたきつけて先制。終了間際には敵陣深くで速攻の芽を摘み取ってボールをつ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

あわせて読みたい

ニュース特集