特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が。政治家との関わりなどが次々と明らかに。

特集一覧

旧統一教会と「関係」の7閣僚を交代 萩生田氏は自民政調会長に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る岸田文雄首相=東京都千代田区で2022年8月9日午後5時33分、竹内幹撮影
首相官邸に入る岸田文雄首相=東京都千代田区で2022年8月9日午後5時33分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は10日の内閣改造で、現閣僚のうち、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や関連団体との「関係」を認めた7人を交代させる。

 交代するのは、岸信夫防衛相▽末松信介文部科学相▽二之湯智国家公安委員長▽小林鷹之経済安全保障担当相▽野田聖子地方創生担当相▽山口壮環境相▽萩生田光一経済産業相。このうち萩生田氏は自民党政調会長として起用する。

 岸氏は選挙支援を旧統一教会から受けていたと明言。末松氏は教会関係者が自身のパーティー券を購入したと明らかにした。二之湯氏は関連団体のイベントの実行委員長を務めたと説明している。萩生田、小林両氏は関連団体のイベントであいさつし、野田、山口両氏は祝電を送ったと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文428文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集