中韓外相が会談 日米韓台の半導体供給網枠組み巡り応酬か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国の王毅国務委員兼外相(左)と、韓国の朴振外相=いずれも代表撮影
中国の王毅国務委員兼外相(左)と、韓国の朴振外相=いずれも代表撮影

 中国の王毅国務委員兼外相と韓国の朴振(パクジン)外相は9日、中国の青島で会談した。中国は、バイデン米政権が主導する日本、韓国、台湾との半導体サプライチェーン(供給網)強化の枠組み「チップ4」の結成に反対しており、主要議題となった模様だ。北朝鮮問題や、24日に国交正常化30年となる中韓の今後の関係についても話し合ったとみられる。

 韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領は5月の就任以来、米韓同盟を重視する姿勢を示してきた。聯合ニュースによると、韓国はチップ4の結成に向けた準備会合に参加する方針をすでに決めているという。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文465文字)

あわせて読みたい

ニュース特集