特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「ウクライナが民間人を危険に」とアムネスティ報告 猛反発受ける

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ひつぎを運ぶウクライナ軍の兵士=ウクライナのウジホロドで2022年8月8日、ロイター
ひつぎを運ぶウクライナ軍の兵士=ウクライナのウジホロドで2022年8月8日、ロイター

 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」(国際事務局・ロンドン)が、ロシアの侵攻に対抗するウクライナ軍の戦術について「民間人を危険にさらしている」と調査報告で指摘し、波紋を広げている。ウクライナ政府側は強く反発。専門家からは報告に対する批判の声も上がっている。

 4日に公表されたアムネスティの調査報告によると、今年4~7月に調査担当者が東部ハリコフ、ドンバス(ドネツク、ルガンスク両州一帯)、南部ミコライウの各地域に滞在して調べた結果として、ウクライナ軍が19の町や村で、人口の多い住宅地内から攻撃したり、休校中の学校など民間の建物に拠点を置いたりしている証拠を得たとしている。アムネスティのカラマード事務局長は「民間人を危険にさらし、戦争法規に違反する」と批判した。

 ただし、報告はこうした事実が「ロシアの無差別攻撃を正当化するものではない」と述べ、市民や民間施設への無差別攻撃は「戦争犯罪だ」とロシア側についても糾弾した。ロシア軍はこれまで、ウクライナ軍が住宅地に部隊を配置して住民を「人間の盾」に使っていると一方的に非難してきた経緯がある。

ウクライナ高官非難、現地代表は辞任

 アムネスティの報告に対し、ウクライナの閣僚や高…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1519文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集