わいせつ医師に注意 薬で思考力失い 意を決して問いただしたら

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
服用していた複数の向精神薬などの処方箋を持ちながら、通院先の男性院長から受けた性暴力について語る40代女性=東京都内で2022年4月18日午後2時59分、岩崎歩撮影(画像の一部を加工しています)
服用していた複数の向精神薬などの処方箋を持ちながら、通院先の男性院長から受けた性暴力について語る40代女性=東京都内で2022年4月18日午後2時59分、岩崎歩撮影(画像の一部を加工しています)

 医師にわいせつ行為を受けた時、すぐに抗議できる患者はどれだけいるだろうか。心身の不調を治すための行為と説明されれば、反論は一層難しくなる。東京都内の病院で医師から性暴力を受けたという女性も、警察に被害届を出せなかった。泣き寝入りの背景には「医師優位」という特殊な関係性がある。わいせつ行為に私たちはどう対応すべきか、専門家と考えた。

信頼していた医師に

 「乳がんかチェックするよ」。埼玉県に住む40代女性は2016年8月ごろ、通院していた東京都内の心療内科クリニックの男性院長からこう告げられ、初めて胸を触られた。乳がんの相談をした覚えはなかったが、拒否することはできなかった。診察室は医師と女性の2人きりだった。

 院長は最初からわいせつ行為をしたわけではない。知人の紹介で初めて受診した際、長年、不眠で悩んでいることを告げると、「俺を神様だと思って。脳から症状を治す」と力強く言われた。

 院長の自信あふれる言葉に「ここで治せるかもしれない」と期待は膨らんだ。「薬の副作用が出るかもしれないから、いつでも連絡できるように」と言われ、その場で無料通信アプリ「LINE(ライン)」の連絡先を交換した。

 約1カ月後には2人で食事に行った。「気兼ねなく話せる先生だな」という思いを強くし、信頼感が増した。その後も約1週間おきに診察を受けたが、不審なことはなかった。

 初めてわいせつ行為を受けたのは初診から約2カ月後だった。それからは、院長から胸をもまれたり、キスをされたりすることが常態化した。最初の口実だった「乳がんのチェック」すら言わなくなり、当たり前のように触られた。

 元々多かった抗うつ薬や向精神薬などの処方薬は、院長から「脳を変えるためにたくさんの薬がいる。旦那の保険証を持ってきてくれれば、治療効果もよくなる」と説得され、「夫の分」も含めて7種類程度まで増えていた。「薬の影響で気力や思考力がなくなっていた。被害を誰にも相談できなかった」と振り返る。

 記事後半では“わいせつ医師”の手口と、注意すべき点や対応策を詳報します。

被害相談の主な窓口

・性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

 全国から=#8891(24時間)

https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/seibouryoku/consult.html

・警察の性犯罪被害相談電話

 全国から=#8103(24時間)

https://www.npa.go.jp/higaisya/seihanzai/seihanzai.html

被害届は出せず

 出勤するのが精神的にも肉体的にもつらくなり、初診から約1年後に勤務先の…

この記事は有料記事です。

残り2105文字(全文3218文字)

あわせて読みたい

ニュース特集