特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の日 平和祈念式典始まる 過去最多の83カ国が参列

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
早朝から平和公園を訪れ、平和祈念像に手を合わせる男性=長崎市で2022年8月9日午前5時25分、徳野仁子撮影
早朝から平和公園を訪れ、平和祈念像に手を合わせる男性=長崎市で2022年8月9日午前5時25分、徳野仁子撮影

 被爆77年の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が始まった。式典には米英中仏印、イスラエルの核保有6カ国など過去最多の83カ国が参列。ロシアとベラルーシは「不測の事態の回避」を理由に招待していない。新型コロナウイルス感染防止のため、規模を半分以下に縮小して開催される。

 午前11時2分、原爆投下の時刻に合わせ…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文302文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集