特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ重症化に免疫制御の遺伝子関与か 慶応大など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 国内の新型コロナウイルス感染者の血液や臨床データを分析した結果、重症化した患者は免疫の制御に関わる「DOCK2」という遺伝子から作られるたんぱく質の量が少なかったと、慶応大などの研究チームが8日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 DOCK2はウイルスに対抗するリンパ球を活性化させる役割が知られており、研究チームは「DOCK2…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集