特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

首相「被爆体験者」救済に言及せず 長崎原爆の日 平和祈念式典

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつする岸田文雄首相=長崎市の平和公園で2022年8月9日午前11時28分、平川義之撮影
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつする岸田文雄首相=長崎市の平和公園で2022年8月9日午前11時28分、平川義之撮影

 米軍が長崎市に原爆を投下して77年の9日、同市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。ロシアがウクライナを侵攻し核兵器使用を示唆したことを踏まえ、田上富久市長は平和宣言で「核兵器使用は今ここにある危機だ」と強調。「核兵器をなくすことが、地球と人類の未来を守るための唯一の現実的な道だ」と訴えた。首相就任後に初めて参列した岸田文雄首相は、国が指定した援護区域外で長崎原爆に遭った「被爆体験者」の救済に言及しなかった。

 田上市長は平和宣言で、長崎で被爆して下半身の自由を失った故・渡辺千恵子さんが「二度と私をつくらないで」と演説したエピソードに触れ、核保有国の首脳に向け「どんなことがあっても核兵器を使ってはならない」と訴えた。ウクライナ情勢を踏まえ「核兵器が使われてしまうリスクに直面している。持っていても使われることはないだろうというのは幻想に過ぎない」と核抑止論を批判。「存在する限り使われる」と核使用への危機感…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文975文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集