特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『カヨと私』内澤旬子・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

近づこうとすると離れ離れると近づいてくる

◆『カヨと私』内澤旬子・著(本の雑誌社/税込み2200円)

 どんなに長いこと一緒にいる人でも、その所作を見て、「えっ、そうか、そういうことだったのか」と嬉(うれ)しくなったり腹立たしくなったりする。発見がある、と言うと何だか優等生っぽい表現でイヤなのだが、こちらもあちらも変化しているから、いつだって慣れはしない。

 では、ヤギの場合はどうか。小豆島でヤギと暮らす様子を綴(つづ)った本作では、嬉しくなったり腹立たしくなったりする感情が、とにかく気持ち良く弾(はじ)けている。ヤギの名前はカヨ。カヨと私だけだった時は、「カヨの中には人間が入っているんじゃないだろうか」と言いたくなるほど。「私のことを見透かすような表情を浮かべること」さえあった。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文914文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集