連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

中村倫也 ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」羽根岡佳男役 ぬるっと存在、脇が落ち着く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」羽根岡佳男役(TBS系=金曜午後10時)

 記者(屋代)が取材するのは3年ぶり。当時は連続ドラマ「凪(なぎ)のお暇(いとま)」(TBS系)の撮影中で、中村は主人公の大島凪(黒木華)と同じアパートに住むイベントオーガナイザー、安良城(あらしろ)ゴンを演じた。外見は派手だが、その優しさで凪や周囲の女性たちの心を揺さぶる「天性の人たらし」ぶりを発揮する姿が評判になった。

 さらに、今後について、こう話していた。「なんかぬるぬるっと、気がつくと出てるな、まだ役者をやっているんだな、みたいな。違和感がない存在でいたい。ある種の安心感も、ドラマに必要じゃないかなと思います」。ある登場人物がゴンを「天然ウナギ」みたいなやつだと心の中でつぶやいた場面にちなみ、自分もそうなりたい、と。「ぬるぬる」の表現が面白い、と印象に残っていた。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1604文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集