黄金の稲穂、早くも収穫 川越で「五百川」 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
刈り取りが始まった極わせ米「五百川」=埼玉県川越市氷川町で2022年8月5日、仲村隆撮影
刈り取りが始まった極わせ米「五百川」=埼玉県川越市氷川町で2022年8月5日、仲村隆撮影

 川越市内で、いち早く極わせ米「五百川」の稲刈りが始まった。同市氷川町の金子昌弘さん(63)の田んぼでは、黄金色に実った稲穂をコンバインで次々に刈り取った。

 金子さんが管理する水田800アールのうち、今年は130アールで五百川の作付けに挑戦。4月20日に田植えをし、7月初めのゲリラ豪雨の影響もなく順調…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

ニュース特集