特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

論点

戦争と平和 ウクライナ侵攻から半年

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシア軍のウクライナ侵攻からまもなく半年となる。過去77年間、戦争を直接経験していない日本で、戦争と平和をどのように捉えるべきか。反戦小説「同志少女よ、敵を撃て」(本屋大賞など受賞)が48万部と好調の作家、逢坂冬馬さんと、政治学者の宇野重規東京大教授が対談した。【構成・鈴木英生、撮影・宮本明登】

普遍的な倫理信じたい 逢坂冬馬・作家

大切な専守防衛の思想 宇野重規・東京大教授

 --宇野さんは、「同志少女よ~」をどう読まれましたか?

この記事は有料記事です。

残り3750文字(全文3966文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集