川辺川のダム整備計画策定 国交省と熊本県

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国土交通省と熊本県は9日、2020年7月豪雨で氾濫した球磨川水系の河川整備計画を策定した。治水対策として、支流の川辺川に流水型ダムを建設するのが柱。今後、遊水地の整備や河川工事を含め、本格的な作業に移る。

 流水型ダムは35年度に完成予定で、水路を設け、平時は水を流して増水時だけためる仕組み。環境負…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

ニュース特集