東電、今冬も節電ポイント 23年3月末まで延長、8月にも付与

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京電力=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
東京電力=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 東京電力エナジーパートナー(EP)は10日、節電に協力する家庭にポイントを付与するサービスを今冬も実施すると発表した。9月末までとしていた期限を来年3月末まで延長する。今冬はさらなる電力需給の逼迫(ひっぱく)が見込まれており、節電への協力を促す。参加家庭に還元する2000円相当のポイントは、8月中にも付与を始める。

 今冬の節電ポイントの詳細を公表したのは、東電EPが大手電力で初めて。政府が今冬の実施を各社に呼びかけており、今後も発表が相次ぎそうだ。参加時にもらえる2000円相当のポイント分は国が負担する。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集