大谷翔平、勝ち投手の権利持って降板 104年ぶりダブル2桁へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発したエンゼルス・大谷=AP
アスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発したエンゼルス・大谷=AP

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(28)が9日(日本時間10日)、敵地オークランドでのアスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発出場し、六回無失点で勝ち投手の権利を持って降板した。勝ち投手となれば、大リーグでは1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりとなる「2桁勝利、2桁本塁打」の快挙を達成する。

 大谷は、この試合で三回に2個目の三振を奪って日米通算1000奪三振を記録した。三回2死から打球を左足に受けるアクシデントもあったが、続投。6回4安打5奪三振の無失点で、勝ち投手の権利を持って後を託した。七回には打者で自ら今季25号のソロ本塁打を放って5―0とリードを広げた。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文453文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集