特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

球場も困惑? 聖望学園のバント失敗のプレーで球審説明 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【能代松陽-聖望学園】四回裏聖望学園無死一塁、荒江が送りバントを狙った場面で、アウトのジェスチャーをする塁審(左)。中央は一塁走者・江口、野手は椛沢=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影
【能代松陽-聖望学園】四回裏聖望学園無死一塁、荒江が送りバントを狙った場面で、アウトのジェスチャーをする塁審(左)。中央は一塁走者・江口、野手は椛沢=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第5日の10日、第2試合の聖望学園(埼玉)―能代松陽(秋田)の1回戦で、四回の聖望学園の犠打失敗に対する判定に対し、球審が場内アナウンスで説明する一幕があった。

 聖望学園の攻撃で四回無死一塁から打者は送りバントを試みたが、小フライとなり、投手がワンバウンドした後に…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集