特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

「横綱」大阪桐蔭、初戦で思わぬ苦戦 偉業達成への重圧 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【旭川大高-大阪桐蔭】七回裏大阪桐蔭無死、伊藤が本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影
【旭川大高-大阪桐蔭】七回裏大阪桐蔭無死、伊藤が本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第5日の10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦があり、史上初の3回目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は旭川大高(北北海道)に6―3で逆転勝ちし、春夏通算70勝目を挙げた。

 朝8時過ぎの甲子園、1万7000人の観客から驚きにも似た歓声が響いた。激戦の大阪大会7試合でわずか1失点の大阪桐蔭が一回、先制を許して出はなをくじかれたからだ。三回には2ランを浴び、3点を追う展開に。早くも正念場を迎えたが、王者は懐の深さを見せた。

 「選手は焦っていたと思うが、(ベンチでは)いい声がしっかりとかかっていた」と西谷浩一監督。劣勢を打開したのは「個の力」だ。三回に2点を返し、六回に5番・海老根優大が140キロの直球を引っ張り、左越え同点ソロを放った。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文766文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集