特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

思わず「ハグをした」 4日前に復活、明秀日立の右腕 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鹿児島実-明秀日立】最後の打者を抑え、拳を固める明秀日立の2番手・猪俣=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影
【鹿児島実-明秀日立】最後の打者を抑え、拳を固める明秀日立の2番手・猪俣=阪神甲子園球場で2022年8月10日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第5日の10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦が始まり、初出場の明秀日立(茨城)が鹿児島実を2―1で破り、夏の甲子園初勝利で3回戦進出を一番乗りで決めた。

 明秀日立は勝負どころでエースの猪俣駿太を投入した。金沢成奉監督の思いを全身で受け止め、粘りの投球で夏の甲子園初勝利を呼び寄せた。

 0―0の三回、先発の石川ケニーが連続四球などで2死満塁とし、続く打者に3ボール1ストライクになったところで、金沢監督は猪俣をマウンドに送った。「1点は仕方ないが、2点取られるときつい」という判断だった。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文736文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集