300個の金魚ちょうちん、夜風でゆらゆら 寺の境内で幻想的に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金魚ちょうちんを楽しむ家族連れ=茨城県河内町羽子騎の勝福寺で2022年8月9日、庭木茂視撮影
金魚ちょうちんを楽しむ家族連れ=茨城県河内町羽子騎の勝福寺で2022年8月9日、庭木茂視撮影

 茨城県河内町羽子騎の勝福寺で9日、「まっくら観音」が開帳され、境内には恒例の金魚ちょうちん約300個が飾られた。

 「まっくら観音」は寺の秘仏・千手観音の通称で、この日が年に一度の開帳日。金魚ちょうちんは和紙と竹ひごで作られ、その朱色が災厄を除くと言われている。陽が落ちると夜風にゆらゆらと舞い、境内…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

あわせて読みたい

ニュース特集