特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

山本草太、憧れの羽生さんへ「ずっと背中追い続ける」 フィギュア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子ショートプログラムの演技を終え、静かに拳を固める山本草太=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月11日、吉田航太撮影
男子ショートプログラムの演技を終え、静かに拳を固める山本草太=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月11日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのげんさんサマーカップ第1日は11日、大津市の滋賀県立アイスアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、2021年の全日本選手権8位の山本草太(中京大)は95・15点の高得点をマークした。演技後の山本の主な談話は次の通り。

「自分の限界値を探ってぶつけていければ」

 緊張はあったが、普段の練習通りできた。(大会前の)オフシーズンもオンシーズンのようなトレーニングと練習を積んでこられたので、その自信をしっかり本番で出せるようになってきた。今季は海外で戦っていける構成を組んで、力を出し切りたい。

 これまではけがの影響で、なかなかシーズンを通して追い込む練習ができなかった。今回は冷静に気持ちを安定させた上で、トレーニングや練習で痛い箇所が出ても「この体でどこまでできるか」とギリギリのラインを探しながら、しっかり毎日練習をしてこられた。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文748文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集