特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

イチローさんから「暴れてこい」 高松商・浅野が2連発 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高松商-佐久長聖】七回表高松商無死一塁、浅野が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月11日、前田梨里子撮影
【高松商-佐久長聖】七回表高松商無死一塁、浅野が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月11日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第6日の11日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、高松商(香川)が佐久長聖(長野)を14―4で破り、2大会連続で3回戦進出を決めた。

 高松商の長尾健司監督は、頼れる主将・浅野翔吾を歌いながら評した。アニメ「ドカベン」の主題歌の一節になぞらえて「気は優しくて力持ち」。その言葉通り、パワフルなバッティングで2打席連続本塁打。高校通算65、66本目を放ち、64本だった清原和博さん(元西武など)のPL学園(大阪)時代の通算記録を抜いた。

 五回2死。フルカウントから真ん中に来た直球を、「ゴロでもいい」と上からたたいた。右中間方向への飛球。「捕られるかな」と思ったが、最後に「右手で押し込んだ」打球は伸び、ソロアーチとなった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1091文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集