特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が。政治家との関わりなどが次々と明らかに。

特集一覧

容疑者が襲撃を断念した旧統一教会の集会 出席議員の証言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「祝福式」に参加する県議や市議とその妻ら=旧統一教会の関連サイトから
「祝福式」に参加する県議や市議とその妻ら=旧統一教会の関連サイトから

 安倍晋三元首相の銃撃事件を契機に、白日の下にさらされた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と保守系政治家の“蜜月”。教団並みの組織票を持つ団体はほかにもあるのに、なぜ政界にこれほど食い込んでいるのか。山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=がのちに、襲撃対象を教団トップから安倍氏に切り替える要因の一つとなったイベントを通じて、その実情を探った。

 「理想家庭を完成することを約束しますか」

 「イェー(はい)」

 2019年10月6日、愛知県常滑市沖の人工島であった「孝情文化祝福フェスティバル 名古屋4万名大会」。開業したばかりの国際展示場にある六つのホールを借り切って2部構成で開かれ、約4万人の信者やゲストが集まったとされる。イベントの序盤、「既成祝福」(すでに結婚している夫婦が改めて愛を誓う行為)という教団の儀式に参加するため、36組の「代表家庭」が登壇。県議や市議とウエディングドレスを着たその妻たちだった。

 開始から約2時間が過ぎた頃。教団内部で「真(まこと)のお母様」と呼ばれる韓鶴子(ハンハクチャ)総裁が、パレードカーに乗って登場すると、会場は熱気に包まれた。日本と韓国の手旗を振って歓迎する参加者たち。2世信者がダンスや歌のパフォーマンスを披露したほか、タキシード姿の議員代表が韓総裁に贈り物を渡す場面もあった。

 山上容疑者も近くまで来ていたらしい。教団トップを襲うため火炎瓶を用意して会場に向かったが、中に入れず断念したと供述している。7日後にツイッターの匿名アカウントを開設。「結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない」。教団への恨みを繰り返し書き込む中にこんな投稿もあり、この頃から教団と関わりの深い安倍氏の存在を強く意識するようになったとみられる。

 会場で撮影された映像によると、東海・北信越地方を中心に200人もの国会議員や地方議員が顔をそろえた。その場にいた議員に出席した経緯を聞いた。

 「日ごろからお助けいただいているので、顔は出さないかんなと」。そう話すのは、愛知県内のある自民党市議だ。19年の春にあった統一地方選の際、教団の関連団体のボランティア数人に、名簿を基に有権者に電話で投票を呼びかける「電話作戦」を手伝ってもらった。ほどなくイベントのチケット3枚を受け取り、知人と参加したという。

 驚いたのは韓総裁の入場シーン。「演出がとにかく派手。経験したことのない感覚だった。これが宗教なんだ」と圧倒された。

 1990年代初めのワイドショーが合同結婚式の話題で持ちきりだったことは覚えている。当初は教団から選挙支援を受けることに慎重だったが、付き合ってみると印象が変わった。「一人一人はいい人ばかり。怒鳴られることが多い電話作戦も熱心にやってくれる」。教団傘下の教会に顔を出すようになり、後援会の親睦旅行には関連団体のメンバーも参加していた。

 同じ関連団体から「赤いネクタイ着用で」と誘われ、壇上にも上がったという別の議員も、重い口を開いた。「クリスマスの行事に呼ばれて行ったら、サンタクロースの衣装まで着せられたような気分だった」

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文2545文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集