特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

岩瀬の好救援で「ぐっと攻撃的な流れに」愛工大名電監督 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【八戸学院光星-愛工大名電】延長十回裏愛工大名電無死二、三塁、サヨナラ打を放ち喜ぶ美濃(左から3人目)とマウンドで崩れ落ちる冨井(左から2人目)=阪神甲子園球場で2022年8月12日、中川祐一撮影
【八戸学院光星-愛工大名電】延長十回裏愛工大名電無死二、三塁、サヨナラ打を放ち喜ぶ美濃(左から3人目)とマウンドで崩れ落ちる冨井(左から2人目)=阪神甲子園球場で2022年8月12日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第7日の12日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、愛工大名電(愛知)が八戸学院光星(青森)に延長十回、6―5でサヨナラ勝ちし、第100回大会(2018年)以来4年ぶりに3回戦に進んだ。愛工大名電の倉野光生監督の試合後の主なコメントは次の通り。

名電らしい攻撃を最後までできた

 延長戦覚悟で、膠着(こうちゃく)状態で、これは簡単に決められないと(思った)。しかし(サヨナラ打の美濃十飛が)積極的に振って、名電らしい攻撃を最後までできた。

 (サヨナラの場面は無死二、三塁)一塁が空いているから満塁策かと思った。相手は美濃を一番警戒していると言っていたので。カウントが3―2になり、(相手)ピッチャーが勝負して、(美濃が)しっかり振りましたね。いつも言っているセンター前。二遊間が空いていたので、練習でやっていることそのまま出した。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文638文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集